「くすりや」の「現場」

薬屋が見た、聞いた、考えた、さまざまなことを書いていくブログ

薬に対する興味関心の薄い人の事例報告

 

 先日、私の家族が処方された薬を調剤してもらった時のことを報告します。

 

 当人は基本的にものぐさです。

 当然のごとく、お薬手帳は持っていってません。多分説明は受けたと思うのですが、その記憶は一切残っていません。ただし、ジェネリックにするかどうか聞かれて

 「安い方がいい」

と言って変更したのだけは覚えていたそうです。この時の当人の受け答えもかなり表面的だった模様です。どうも話をきちんと聞いていない様子。

 そして、帰るなり薬袋から薬を出して処方された薬をすべて一つの袋にまとめました。用法関係なしに。 もう飲み方わからなくなってしまいました。本人も飲み方を覚えていません。チャック付きポリ袋に用法、薬効、用量、調剤した薬局および薬剤師の名前と調剤した日が書いてある紙が入っているのですが、それを袋から出してしまいました。

(もう、一包化デフォでないと飲まないレベル・・・)

 当然、どの薬がどの薬効なのかも、副作用がどんなものかも関心がありません。 

 いちいち飲むたびに薬効を調剤したわけでもない私に質問します。

 

 気付かされました。

 

 その場で興味関心があることにしか注意をはらわないことを。そして、その興味関心もその場のみ。

 情報の非対称性。頭に入る情報の量にも差があるということも。

 

 体調が悪くなっても、それが有害事象であることも気づかないかもしれません。薬を飲んで有害事象が起こるという概念すら認識していない可能性があります(副作用とは思いもよらなかった、という発言はここから来る)実際に体調が悪くなっても、それが薬の副作用であることを認識せぬまま、この先生きていくことも珍しくないと。医師も副作用であると認識せぬまま治療を続け、なかったことにされる副作用も多いのではないかと。

 

 医療従事者はしっかり個別の情報を口頭で伝えているのですが、患者さんの興味関心を引きつける伝え方が十分でなかったり、そもそも患者さんは治療に関心を持つ時期ではなかったという可能性もあります。

 それと、医療従事者と患者では医療に関する基礎知識の量に大きな差があります。そのため、詳しく説明しても正確に頭に入らないかもしれません。

 そこで、薬袋やお薬手帳などに手書きで個別化された情報や服用時間の設定などを記載します。いつか、興味関心を持った時に読んでくれるように。(このように手帳を持っていかず、袋を捨ててしまう人には無意味なのです・・・)

 もしかしたら、興味関心を持った時にその場で対応してくれるのが一番なのかもしれませんが、全員が全員それだと医療従事者の生活が成立しなくなります。医療従事者の生活が崩壊せず(絶えず患者さんからの問い合わせが来る切迫感に追われなくて済む)、患者さんに対し個別化された医療従事者による回答がうまく伝わるのか。このバランスを探す日々が続きます。どこで落とし所を見つけるのか。

 指導内容をすべてその場で記録できるAIが生まれれば、コールセンターからの対応ができるでしょうし、コールセンターも人手でなくてもよくなるとなったらどうなるんでしょう。

 その場その場での興味で生きるのではなく、もう少し先のことを考えて生きてほしいのです・・・

 

補足

次回受診予定日をブッチしました・・・・・(現時点でも病院には行っていません)

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

相談する習慣をつける

 普段からほんの些細なことでも相談してくる患者さんがいます。

他の患者さんがいて混んでいるとその人のことを少し鬱陶しいと思いつつも必要な対応はします。その方も色々相談していくうちに相談するのがうまくなってくる場合があります。

 こういう方は、相談内容によって色々なところに相談しているんだと思います。今の時代、悪いどころかむしろいいことです。依存する先が多いので、ベッタリしません。

「その後どうなりました?」と聞いたり、さらには自分の顔を見るなり前回からの続きを話してくる方もいます。

 「なんでも調べたらわかるもん!相談なんて要らないもん」と思っている人でも、年を取ったり病気をするなど不安要素が生まれてくると不思議と質問するようになるんですよ。年々同じ窓口にいると、そうなる方を数名見かけます。どうも、寂しくなってくるみたいです。それと、健康状態が不安になってくるので(若い頃のようにすぐには治らなくなってきた)、質問する内容が増えてくるのも一つの理由です。

 あとは、何か起こってから出ないと質問内容が思い浮かばないというのも理由ですね。

 

 これから更に高齢化が進むと、こういう相談を必要とする方は増えるのだろうなと思う反面、相談を必要とせず、他者の意見を聞こうとしなかった人たちが耳障りのいい言葉に釣られて騙される事例も増えるのではないかと心配しています。一人の人の相談に要する時間が伸びると、他の人に構っていられなくなり、あまり相談のいらない人はネットでオーダーして薬を出す方向に向かうのではないかと危惧しています。

 

 なぜ心配かといえば、人に相談する習慣がなく年をとる人が増えるからです。

相談するのに適した相手を見つけられない

どのような言葉を選べば適切に質問できるのか、うまい相談の方法を身に付けていない

(一つの相談につながるまでに前置きが長いのも特徴です。そのため、周囲から鬱陶しがられます。)

他人のアドバイスを受け入れる器量になっていない

という状態で年を取るのとさまざまなトラブルに巻き込まれがちです。周囲から孤立しがちです。一方的に喋ってばかり、自分の意見と合わないと話を聞かなくなるからです。

 

 こういう人は悪徳商法やトンデモ医療の格好の餌食です。ビジネスのために孤立した人に近づいてきます。こういったものに一度引っかかるとそこから救済するのは至難の業です。

 

 ネットで診察したり薬をオーダーできるようになっても、いつでも相談できる窓口が必要であり、それができるようになったとしても、ずっと同じ薬局の窓口で待っていて、何かあればいつでも相談できる体制があれば、そのうち「あそこには○○さんたちがいる。」と思ってやってくる人がいるのではないかと期待しています。1人でもいれば、それだけで薬局の存在価値はあります。24時間対応のコールセンターでは対応する人は変わってきますし、対応者の指定も難しいですが、薬局ではスタッフ全員がそこそこの知り合い。相談内容をまとめたレポートでは共有しにくいことも共有しやすいです。(業務中の雑談も、患者さんの様子について話すことがあります。「Aさん最近めっきり元気がなくなったね」「Bさんお金の支払い方がちょっと気になる。財布の中身を全部トレーに出して、こっちに要るだけ取ってとか言ってくる」など。)

 

 そして、若いうちから相談できる相手と、相談できる癖をつけておけば、きっちり要点を抑えた質問ができるようになりますよ。そのためには情報を選択することと、質問できる相手を増やすこと。

 

 うまく相談できるということは、診療時間を充実させることにつながります。自分の考えや症状を短時間で話せることで、治療にプラスになるでしょう。

zasshi.news.yahoo.co.jp

  症状について

・いつから起こったのか

・どんな症状か(症状の強さをスケールで説明できるといい)

・どんな時に軽減し、どんな時に悪化するのか

・どこに症状が起こっているのか

・他に症状があるのか

を説明できるようログを取ってみるといいでしょう。

 

 医療従事者の方も工夫が必要です。

相談を受け入れる体制であることを知らせる。(忙しい時は無理というアナウンスも必要)その一例として、定期的な相談会の開催も一つの方法です。

自分が説明した後に、「何か質問はありますか」などと聞いて、相手の相談を受け入れる態度をはっきりさせる。

 質問したそうな人を拾い上げる技術をみにつける。(私もできてません!申し訳ありません!)

 

 

 

 

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

処方箋を一度読んでから薬局へ

 「お願いしていた(医師から説明があった)薬が出ていない」という理由で疑義照会になるケースがままあります。

f:id:miyaq:20160505091555p:plain

 この場合、患者さんの一工夫で解決することができます。

1)医療機関で処方箋を受け取ります。

2)その場で何の薬が処方されているか内容を確認します。

3)診察時の医師もしくは自身の説明(前回残っていた薬の量の関係で調整していて再度出して貰う場合など)と合致していない薬があれば受付にその旨伝える。

 

 これなら、医師と患者の間で話し合うので伝達のミスは起こりにくいし、気分もすっきりすると思われます。そして、ご自身が最後の患者さんでないかぎりは診療時間内なので医師に連絡がつかない可能性は非常に低いです。(総合病院の場合は他の治療にかかっている場合があって連絡がつくまで時間がかかります)

 

 しかし、最近は薬の名前を

1.一般名で記載している

2.先発品を後発品、後発品同士の変更などがあって処方箋記載の薬と普段飲んでいる薬の名前が違う

となって、何が処方されているかわかりにくい状況になっています。

 

一般名処方の場合、例えば
フルオシノロンアセトニド・フラジオマイシン硫酸塩軟膏

とか

ヒドロコルチゾン・大腸菌死菌 

とか一発ではわかりませんよね。

  

 そこで役に立つのが

 

 

 

f:id:miyaq:20160913223427p:plain

 

こちらに一般名と商品名を併記している場合は簡単に照合できますので、一度読みなおしてちゃんと医師の説明と合致した薬が処方されているか確認してから薬局に処方箋を出すとスムーズです。

 

 もしくは、皮膚の薬や慢性疾患の発作の時に飲む頓服など飲む量を医師が想定しづらい場合は 、自宅にある在庫数をメモに書いて、診察時に持参し、処方箋と照合するのも手です。

 

 ただ、薬局では処方内容を確認してから薬を出してもらうことになるので、足りない場合は医師への疑義照会をすることになります。返答に多少時間がかかりますが、医師は他の患者さんの診察をしていたり、診察が終わって既に医療機関にいない場合があるからです。(後者で医療機関も非常勤の医師の連絡先がわからない場合もある)

 慢性疾患で、ご自身に手持ちの薬がある場合は疑義をお願いして、連絡がついて薬が準備出来たら薬局から連絡をしてもらうことができます。薬を取りに行く場合は処方箋発行日から4日以内でお願いします。

 

 ただし、こういう要望は医療従事者は飲めないというのもあります。

 診断の結果、必要ないと判断された薬を患者が希望して出してもらいたい場合

 治療に必要のない薬を処方するのは薬の濫用です。その上保険財政の悪化につながります。

  医師に「要らない」と言われているのに、薬局で「先生がこれも出しておきます、と言ったのに出ていなかった!」と嘘をついてまで薬剤師に疑義をお願いして、問い合わせしたところやっぱり断られる事例も2,3回ありました。薬局と医療機関、患者三者との関係が悪くなるので止めましょう。

 

 

 先ほどの一般名で書かれた薬の代表的な製品名は

フルオシノロンアセトニド・フラジオマイシン硫酸塩軟膏=フルコートF軟膏
ヒドロコルチゾン・大腸菌死菌=強力ポステリザン

でした。

 

 

  

 

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

ネットで管理できる時代になっても紙のお薬手帳は大きな効果を生み出す

2020年「医療情報の共有化」運用の方針 費用の抑制にも期待

news.livedoor.com

 という報道がなされて、「紙のお薬手帳は要らない、自分たちのしてきたことは何だったのか」と嘆く薬剤師も多いでしょう。

 

 紙のお薬手帳が導入されたのが平成12年(2000年)。

12年も経ったら技術が向上しているのも当たり前です。

 医療側での治療情報があればお薬手帳は要らないかと言えば必要です。

 

wikipediaの「おくすり手帳」の項目によると

おくすり手帳 - Wikipedia

  • お薬手帳に患者は何も書き込んではならないと誤解している人が多いが、患者は自由記載できるので 薬の効き目や服用してからの体調変化の記録を患者自身で記録しておけば、次の診療に役立てることが出来る[4]
  • 薬や体調に関して医師や薬剤師への質問事項をメモ代わりとしてお薬手帳に記載することで、次回診察時や薬局訪問時にお薬手帳をみせる事で忘れずに質問することができる[5]
  • ドラッグストアコンビニエンスストアで購入した薬の名前などを患者自身が記入することも推奨されている[1][2]
        薬局など医療機関で周囲の人に聞かれたくない薬の名前があったり病状がある場合はお薬手帳にその旨を書き込んでおき、お薬手帳を見せる事で伝える事が出来る。 など、基本的な薬の記録以外にも患者自身、医療従事者自身の工夫や書き込みによって意思疏通のツールや緊急時の対応の手掛かりなど多様な活用方法があるのが特徴である。

 というわけで、患者が書き込んでもいい旨の記載があるのと

・小児科など、短期で症状が変わって飲む薬が変わる場合に前の薬を使う場合に神のほうが記載が簡単である(記載が面倒で、前の医療機関の薬を中止させて新しく薬を処方するのは医療費の無駄である)

・小児の場合は体重

・一包化したことや印字の工夫、服薬指導の要点を薬剤師が記載する

・停電した場合に電子媒体だとデータが取れない(災害時でも使えるネットサービスという紹介があったが、東日本大震災のように被災地が散在している場合は電力の復旧に時間が掛かるし、電源車が来ても他のことに電気を使う可能性がある)

・電子媒体の場合の漏洩の危険は紙よりも情報拡散が容易で、取り戻せない。

・市販薬の購入については対象外である。セルフメディケーションを推進するには市販薬の服用履歴は必須。市販薬を販売する場所でも閲覧できるようにはなっていない。

ので紙の手帳は残るし、お薬手帳の有用性が証明されているからこそ、今度は医療情報全体に拡大させようという発想になったのではないかと楽観的に見ています。

 

<紙媒体のお薬手帳の長所について、追記します>
1.お薬手帳を用いて、他の医療職や介護職との簡単な意思疎通を行うこともできます。
正式な文書や電話するほどでもない事柄を、患者に関わる人が容易に共有できます。電源も要らないし、ネット接続できない状況でも共有できます。

 

2.処方変更があった場合、その理由を記載することで、状況が変化した時に処方の最適化がしやすくなります。医療情報の共有化が行われた場合でも、これらの医師の意見がデータに乗るかどうかは不透明です。

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

医療情報って本当に慎重に取り扱わなきゃいけないんだな、と思った記事

2020年「医療情報の共有化」運用の方針 費用の抑制にも期待

news.livedoor.com

森喜朗氏回復 がん新薬オプジーボ、60kg患者は年間3500万円

www.excite.co.jp


兵庫医大が血糖測定器紛失 104人分の情報記録

www.kobe-np.co.jp

 

 今回は、2つの記事の組み合わせから医療に関する情報の管理は慎重あるべきと感じましたので紹介していきます。

 

2番目の記事より

 「昨年、森さんは肺がんの除去手術を受けた後、再発が見つかって抗がん剤治療を始めたものの副作用に苦しみ、体調が悪化していたそうです。ところが12月に保険適用されたオプジーボを投与すると、徐々に体力が回復した。今年初めは自力で階段も上れなかったが、春ごろから急激に改善して現在にいたります」(全国紙政治部記者)

 

 感じたこと

1.他人の、有名人の病気に関する情報をなんとしても欲しがる人がいること

(ただし、森氏の場合は自分で喋ってそうな気もしないでもない。体調が良くなった話なので話しにくいことではないでしょう)

2.真偽はさておき、記者が取材したセンシティブな情報を漏らしていいのか。記者のモラルが問われる

3.情報を紛失したときのリスクはどうなるのか?

 

 医療の情報は非常にセンシティブなので、かなり狙われるのではないかと危惧しています。外部からの侵入がないように厳重な管理が必要と思います。

 そう考えると紙媒体って1000年以上取り扱われているんですね。偉大。

 

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

医師の言いなりになっているわけではないのです

医師の診察方針に不安や不満を感じている患者さんが来ることがあります。

いろいろ愚痴を聞いて、ガス抜きになる場合が多いです。患者さん本人も仕方ないとわかっていることが多いからです。これが建物の違う分業のメリットです。同じ建物の場合、患者さんが医師に聞かれるのではないかと気にしてよう言わんことが多いです。こういうメリットなので、医師側にとってメリットとは感じにくいようです。数値化しにくいですし。

 専門家がガス抜きをするのにもメリットが有ります。医療についてのまっとうな情報を抑えつつガス抜きするように持って行くところです。これが医療知識のない知人の場合、相談を受けている相手の気持ちを汲むことばかりを優先してしまい、根拠の無い健康食品やトンデモ医療に向かう危険性があります。

 例えば

 「先生が話を聞いてくれない」

 という患者の訴えに対して

 「待合室に人たくさんいたでしょう?先生も話を聞きたかったんでしょうけど、難しかったんでしょうねえ」

 と実際の医師がどう考えていたかに関係なく返してみたり。

 

 現在担当している医師と患者との関係を継続したほうがメリットが有ることが多いです。医療情報が継続するだけでなく、医療との関係が途切れないので、もし体調が悪くなったり健康上問題が生じた時も訪れる場所が定まりやすいです。

 もし、他の医療機関に変えたいと患者さんの意思があるならば、今までの医療の情報を得て次の医療機関にかかった方が円滑にことが運ぶので、慢性疾患の場合は必ず今までの情報をもらってから次にかかるようにし、患者さん自身の手で医師に伝えるよう話します。医師と患者の意思疎通や相性の問題なので、間には誰も挟まないほうが後々大きな問題にならずに済みます。できれば、医師が変わっても薬局は同じ所に通ってもらえると医療に関する情報の長期の蓄積ができます。

 

 医師の味方をしているのではなく、患者さんと医療の関係が途切れないことが最大のメリットなのです。

 

 

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村

中小病院・薬局が提供できる薬剤師のキャリアパスって?

  「新卒はすぐに大手に取られる」

と嘆いている中小病院・薬局の運営側の人間のが嘆き声が聞こえてきます。

f:id:miyaq:20160726063233p:plain

 

 それは、「ここの病院、薬局で働いていて、どんな自分になるのか」という視点で求人PRをしていないからです。

 

 仕方ないんですけどね。

 地域住民のために活動する。

「自分が働きかけることで、地域住民が変わる(健康状態や生活の質の向上など)」

視点で自分の施設を紹介しているから、すれ違うのは当たり前です。

 

 大手は業務の幅が広いことが見た目に明らかなので

 これ、規模の問題ではないと考えます。

 中小の施設でも、「地域住民に働きかけることで、自分がこれだけのことができる人になれる」という視点で求人広告を打てば、若い人が入ると思います。

  たとえ、やってることは周りの薬局とさほど変わりがなくても。

 

 難しいのが、薬剤師の6割(薬局・医療施設に至っては3分の2を超えています)を女性が占めること。(厚生労働省薬剤師調査より)

 

 20代の頃は自分のために働けていても、結婚したら家族のために時間を割くことが増え、自分の一存だけでは職場を、働き方を決めることができなくなってしまいます。ゆえに、キャリアパスの形が変わってきます。どんな自分になる、という視点よりも、家族との時間を取れる、という視点に変わってきます。これを、やる気がなくなったと認識してはなりません。働ける時間、場所が限られていても最大限の力を発揮できるようなキャリアを与えることができれば人は集まると考えます。

 

 この業界、転職は当たり前です。生活のあり方によって、転職できるのも業界全体での福利厚生策ではないかと考えます。結婚までにできる限り多くのことができるように頑張り、結婚後はその能力を活かしながら家庭と両立できる環境で暮らすキャリアを考えている人も多くいます。一つの職場でできるようにするのは意外と難しいです。最大限の能力を持っている人にセーブした仕事の振り方をするのは難しいです。周囲も「あの人はもっとできるのに・・・私の仕事が増えてつらい」となってしまうかもしれません。勿論、人間関係が良好であればその問題もクリアします。

 

 それにしても、24時間対応だ地域活動だなんだと働く人も顧客も介護や育児の問題を抱えているのに脳天気な経営者・幹部とお役人さんは何を考えているんでしょう。先日参加した某学会のシンポジウムでは「24時間対応している俺えらい!当然でしょ」という態度が全面的にでていた上に、それを「美しい(思考停止」したり「がんばりましょうよ」と言ってる壇上の偉い人は介護も育児も人に押し付けて知らんぷりしてるんでしょうね。それで、自分の老後は住み慣れた家で家族に囲まれて暮らそうだなんて(怒り心頭)

 

 

 

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村