「くすりや」の「現場」

薬屋が見た、聞いた、考えた、さまざまなことを書いていくブログ

妊娠中の葉酸摂取が小児喘息に関連する?

最初に現時点での結論から。

現時点では関連があるとはいえない。

ただ、限られた数のデータしかないので、さらなる研究が必要。

 

ソースはこの論文。

Prenatal folic acid and risk of asthma in children: a systematic review and meta-analysis.

PMID: 24004895

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

こちらの研究で服用されている葉酸サプリメントの量が400μg程度ということで、一般的に販売されているサプリメントに含まれている葉酸の量です。

 こちらの研究は、類似の研究のデータを纏めて分析し、本当に「この結果でよいか」と検討するタイプの研究です。(メタアナリシス)

 こちらの研究でまとめられた研究のうちの一つで、

Folic acid supplements in pregnancy and early childhood respiratory health.

www.ncbi.nlm.nih.gov

「妊娠初期の葉酸摂取で、小児の時期での呼吸器感染症および喘鳴のリスクがわずかに上がる(ただし、その全てが慢性化するものではない)。」とあります。ノルウェーの研究。

 しかも、そのメカニズムもある程度わかっています。

 小児におけるこれらの疾患は、よくあるもので、大抵は一時的なものなのですが、心配な人にとっては心配なものです。

 ただ、葉酸摂取で得られるメリットは大きいです。(神経管閉鎖障害のリスク軽減)

 

 それを含めても、最初に紹介したメタアナリシスでは「関連があるとは言えないが、さらなる研究が必要」とあります。

 

 さらなる研究は大変でしょうね。我が子の健康をかけて研究に参加する人が出てくるのかという問題がありますし。

 

参考にしたサイト

 

国立健康・栄養研究所 「健康食品の安全性・有効性情報」葉酸

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail652.html


平成 15 年度厚生労働科学研究費(効果的医療技術の確立推進臨床研究事業) 日本人の水溶性ビタミン必要量に関する基礎的研究

http://www.shc.usp.ac.jp/shibata/4-7.pdf

胎児の正常な発育に役立つ「葉酸」を摂取できるとうたった健康食品 国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110526_1.html

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性
等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

 

www.afpbb.com

 米国予防医学専門委員会(USPSTF)は米国医療研究・品質調査機構(AHRQ)の独立委員会で、検診や予防医療の研究レビューを行って米国政府の推奨グレードを作成します。

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村