「くすりや」の「現場」

薬屋が見た、聞いた、考えた、さまざまなことを書いていくブログ

保湿剤の適量

 保湿剤を塗ると、すぐになくなりませんか?

肌がテカテカに見えるぐらいが適量です。

塗り過ぎを気にして皮膚をこするのも肌によろしくないので、1回スッと伸ばす程度の使用量で概ねOKです。(薬によっては刷り込むよう指示がある場合があるので、その指示に従いましょう。)

 保湿剤はそれより多めの使用量でも構いません。白色ワセリンは硬いので一旦手で伸ばして塗るか、少しお風呂の湯で温めて柔らかくするといいでしょう。(レンジでチンして温めるのはおすすめしません)冬でも常温保存にしましょう。

www.maruho.co.jp

体表面積を計算できるサイトです。

それぞれの計算式の特徴

keisan.casio.jp

それぞれの計算式の特徴

デュポア式

欧米人の成人に向いている。

デュ・ボアの式 - メディカルウェア

新谷式

日本人に適した式として提唱された。

藤本式

日本人の体表面積を計算するのに一般的に使われる。抗がん剤の用量設定など。

 

 

上のリンク掲載の表で大まかに計算すると

全身に保湿剤を1日2回塗った場合、30日で消費する量は

 3-6ヶ月 255g

1-2歳 405g

3-5歳 540g

6-10歳 735g

 

3歳以上はワセリン/プロペトの大きな容器(500g入り)で処方されても1ヶ月持たないのですね。

 

 今の時期、急激に空気が乾燥していきます。その時期に肌を掻いて肌が荒れてしまいがちです。保湿も立派な治療なので、ガンガン塗っていきましょう。お風呂上がりで血行が良くて塗りたがらない子供もいますが、4-5歳ぐらいからは塗る理由を説明すれば受け入れてもらいやすいです(塗ることのメリットを全面に出した説明→塗ると痒くならない、痛くないことを説明するといいです。そして体感してもらえば自分で塗るようになる場合も)

 

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村