「くすりや」の「現場」

薬屋が見た、聞いた、考えた、さまざまなことを書いていくブログ。「ブログに書いてある情報は一般的なものです。ご自身に合ったものにするにも、受診している医療機関のスタッフ、かかりつけの薬局の薬剤師に相談しましょう。」

【ここを押さえると効果的かもしれない薬物治療】保湿剤の使用について

保湿剤を毎日塗るのは面倒くさいですよねー

 

 私、秋口の一時期になると脛からふくらはぎ、足首にかけて痒くなります。掻いてしまって傷ができるほどです。対策として年中お風呂上りに保湿剤を塗っているのですが、お風呂上りに塗るのも忘れそうになります。実際に忘れます。

 これ、一人で複数の子供をお風呂に入れている親御さんにとっては無理ゲーですよね。子供一人でも抵抗されて大変だし、一緒に入浴していれば自分の着替えもあるし。

 

 では、実際にどれぐらいの頻度で塗るのが一気に効果的になるのか考察しましょう。

 

 論文1によると

「ヒルドイドソフト軟膏(水中油型乳剤)では、1日1回よりも1日2回のほうがより効果的であると示唆。1日1回塗布の場合、量を増やしても(3mg/平方cm)1日2回1回2mg/平方センチよりも効果が落ちることが示唆された。

 大規模な試験をしているわけでもありませんし、健康成人8名に対し人工乾燥皮膚モデルを作ってできたデータなのでエビデンスとしてはもう少しと言ったものですが、今までこのような研究がなかったので参考にはなります。

 

「1日2回なんて朝忙しいのに!」とおっしゃる方もたくさんいます。

そこで、別の論文(論文2)の結果を出します。

 16名の健康な女性の前腕部皮膚にて調べたもの。

 水中油型乳剤を1日2回7日間塗布し、中止後2日間は効果が増大し、7日間の肌の状態は維持される(保湿剤が表皮に吸収されているため)

 

 忙しい方には、1日2回塗布をとりあえず7日続けてもらって、肌をいい状態にすると効果があると説明するといいのかもしれません。

 無理のない範囲で効果が出るところを押さえると、格段にアドヒアランスが高くなるのではないかと考えた次第です。

乳剤は水中油型しか存在しませんので、乳液状の保湿剤でOKということになります。

 いずれも、エビデンスの質としては高くはないです。しかし、塗るのが面倒な方には希望になるかもしれない論文です。(大規模試験するには費用が大きすぎるし回収できるほど儲かる薬ではないだけに・・・)

 

 

 

 

参考論文

1
保湿剤の効果に及ぼす塗布量および塗布回数の検討
 http://doi.org/10.14924/dermatol.122.39

2

Effects of repeated application of a moisturizer. - PubMed - NCBI PMID: 2572123

 

もしよろしければバナーのクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村 

 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ
にほんブログ村